Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

Rails技術者認定試験運営委員会、ブロンズ試験の受験料を半額にする教員向け割引プログラムを開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/06/15 16:02

 Rails技術者認定試験運営委員会は7日1日より、Rails技術者認定ブロンズ試験の受験料を半額にするプログラムを開始する。対象者は、小学校から大学院までの各学校や、同委員会が認める学校の教員。

 本プログラムを実施する背景には、2020年より施行される小学校のプログラミング教育必修化がある。教職員のプログラミング教育も必要になってくることから、教職員向けの割引プログラムを開始することにしたという。同委員会では、本プログラムにより、多くの教職員がRuby on Railsの学習指針としてRails技術者認定ブロンズ試験を活用することを期待している。

 このプログラムを利用した場合の受験料は、50%オフの5400円(税込み)。小学校、中学校、高等学校、短期大学、大学、大学院、高等専門学校、専修学校、専門学校の教員、ならびにRails技術者認定試験運営委員会の認める学校(下記)に在籍する教員が割引価格の対象となる。試験当日に教員証の提示が必要。

Rails技術者認定試験運営委員会が認める学校

  • 予備校
  • 各種学校
  • 盲学校、聾学校、養護学校
  • 防衛医科大学校、気象大学校、海上保安大学校、航空保安大学校、水産大学校、航空大学校、農業者大学校、海技大学校、職業能力開発総合大学校、各職業能力開発大学校、職業能力開発短期大学校、農業系の大学校・短期大学校、産業技術系の大学校

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2016/06/15 16:06 /article/detail/142
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0