Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

2018年下半期の転職成功者の年齢に関する調査結果を発表、転職成功者の平均年齢は31.7歳―パーソルキャリア

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda(デューダ)」は、「dodaエージェントサービス」を利用して転職したビジネスパーソン約18万人のデータをもとに算出した、転職した年齢についての調査結果を、2月18日に発表した。

 同調査は、2007年7月~2018年12月の期間に「dodaエージェントサービス」を利用して転職したビジネスパーソンのデータをもとに算出している。

 2018年下半期の転職成功者の平均年齢は31.7歳で、前回(2018年上半期)調査における31.6歳より0.1歳アップした。男女別では、男性の平均年齢(32.4歳)は前回調査と同様、女性の平均年齢は29.8歳と前回と比較してプラス0.1歳となっている。女性の平均年齢は、調査開始の2007年以降、2016年下半期の29.9歳に次いで過去2番目に高かった。

転職成功者の平均年齢
転職成功者の平均年齢

 転職成功者の年齢のうち、もっとも割合が高いのは「25~29歳」(38.9%)で、「30~34歳」(24.3%)、「40歳以上」(13.8%)がそれに続く。前回調査との比較では、「24歳以下」「25~29歳」「40歳以上」の割合が下がり、「30~34歳」「35~39歳」は上昇した。この半年間で転職した人の人数はすべての年代で増加したが、中でも30代の転職決定者の伸びが大きい。

転職成功者の年齢割合(2018年上半期と下半期の比較)
転職成功者の年齢割合(2018年上半期と下半期の比較)

 職種別では、「企画・管理系」(34.6歳)が調査開始以来はじめて「技術系(建築/土木)」(34.3歳)を上回り、もっとも平均年齢が高くなった。また、「専門職系」(33.9歳、前回比+0.8歳)、「事務・アシスタント系」(30.7歳、+0.7歳)、「技術系(医療/科学)」(31.4歳、-0.6歳)において、前回調査と比較して変化が大きくなっている。

 「技術系(IT/通信)」は横ばいの32.4歳。2016年下半期をピークに徐々に下がってきている。

職種ごとの転職成功者の年齢割合
職種ごとの転職成功者の年齢割合

 職種別に年齢の内訳を見ると、「販売/サービス系」(67.2%)、「営業系」(59.6%)、「事務・アシスタント系」(52.9%)の3つで、20代の割合が半数を超えた。30代の割合が高いのは「専門職系」(49.1%)、「クリエイティブ系」(47.4%)、「企画・管理系」(44.5%)で、40代以上の割合が高いのは「技術系(建築/土木)」(24.6%)、「企画・管理系」(23.8%)、「専門職系」(19.6%)の順となっている。

 技術系(IT・通信)は30代以上が過半数で、35歳以上も比較的多いのが特徴といえる。

職種ごとの転職成功者の年齢割合
職種ごとの転職成功者の年齢割合
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2019/02/19 17:49 /article/detail/1477
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0