Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

「Talent Palette」がエン・ジャパンの人材紹介データベースと連携、採用ミスマッチを解消―プラスアルファ・コンサルティング

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プラスアルファ・コンサルティングは、同社のタレントマネジメントシステム「Talent Palette(タレントパレット)」において、エン・ジャパンが保有する転職データベースとの連携を開始した。人材紹介データベースを保有する企業と連携し、ユーザーが欲している人材に近い人材へ直接求人を出せるようにするサービスの第1弾で、6月から本格的にサービス展開を行う。

 新たに開始される連携では、「Talent Palette」の採用管理機能の1つである「求人票」ページ上に、企業が欲しい人材と近しい人材情報をエン・ジャパンの転職データベースから自動表示する。表示された人材情報の中に気になる人材がいた場合、「オファーボタン」を押すことでエン・ジャパンのエージェントへ紹介依頼を送ることができる。一方、エン・ジャパンは当該人材へのアプローチを行い、マッチングを図る。

「Talent Palette」とエン・ジャパンの転職データベースの連携イメージ
「Talent Palette」とエン・ジャパンの転職データベースの連携イメージ
[画像クリックで拡大表示]

 今後は、Talent Paletteの「モデル人材」として登録している社員情報を元に、エン・ジャパンのエージェントが転職データベースをリサーチし、企業とよりマッチする人材の推薦を実現する機能の追加も検討している。

 Talent Paletteは、人材戦略に必須となる採用から育成、配置、評価、抜擢・活躍までをワンストップで行い、科学的根拠に基づく戦略的人事を実現するタレントマネジメントシステム。プラスアルファ・コンサルティングがこれまで蓄積してきたさまざまなデータを分析することで、複数軸での人材配置シミュレーションや、離職危険者のピックアップ、採用ミスマッチの防止など、企業が抱える課題を人事ビッグデータ活用によって解決する。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0