Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

2018年度版プログラミング言語別・正社員求人ランキング、Javaが引き続き1位、Pythonは伸び率で2位に―レバテック

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レバテックが運営するITエンジニア・クリエイター専門エージェント「レバテックキャリア」は、2018年度新規に発生した正社員向け求人データをもとに行った、プログラミング言語別ランキング調査の結果を6月11日に発表した。

プログラミング言語別新規求人案件割合ランキング

 「レバテックキャリア」において、2018年度に発生した新規の求人案件を分析したところ、2017年度と同様にJavaのシェアが最も高く(約30%)、PHPがそれに続く(約15%)。ただし、ここ数年の求人ではJavaは増加、PHPは減少傾向となっている。

 Rubyは、前年比0.8ポイント増で前年と比較して伸び率こそ低いものの、近年ではプログラミングスクールでの扱いが多くなり、Rubyエンジニアの母数が拡大していることから、若手エンジニアの採用を有利にすべくRubyを取り入れる企業も現れていると、レバテックでは分析する。

 C/C++は前年比では0.9ポイント減だったものの、2016年度調査からは2.7ポイント増で、成長市場であると考えられる。PythonはAIやディープラーニングといった、先端技術の開発に欠かせないプログラミング言語であり、今回の調査ではシェア率が前年比で2.3ポイント増と、Javaに次いで伸び率では2位となった。

プログラミング言語別新規求人案件割合とプログラミング言語別新規案件昨年対比
[画像クリックで拡大表示]
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2019/06/12 12:28 /article/detail/1697
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0