Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

人材管理システム「カオナビ」、離職予兆を察知する新機能「パルスサーベイ」を提供―カオナビ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カオナビは、同社が提供する人材管理システム「カオナビ」において、離職予兆の察知や組織課題の早期発見に寄与する新機能「パルスサーベイ」の提供を、10月1日に開始する。

 「パルスサーベイ」は、わずかな設問で社員のコンディションや組織の状態変化を把握し、離職予兆の察知や組織課題の早期発見が可能なツール。週ごとや月ごとにアンケートを繰り返し実施することで、社員の心理状態や組織の健全性を定点観測でき、要因分析や対策につなげられる。

 「パルスサーベイ」を活用することで、「カオナビ」に蓄積された面談結果やパーソナリティといったデータと組み合わせて、より深く社員の状態の分析が可能になる。

 リリース時点での提供予定機能は以下のとおり。

  • 「カオナビ」が推奨する質問票のテンプレート提供
  • 従業員への回答依頼
  • 回答結果を顔写真付きでリスト表示
  • 組織ごとの集計・グラフ表示
  • 「PROFILE BOOK」上の評価や面談履歴への遷移

 なお、パルスサーベイの提供開始にあわせて、事前に申し込みを行ったユーザーを対象に、パルスサーベイを期間限定で無料提供するキャンペーンを、2019年10月1日~2020年3月31日の期間に実施する。先着300社への提供を予定しており、2020年4月以降は「有料オプション」となる。

 キャンペーンを利用するには、10月1日時点でカオナビを導入しており、9月27日までにキャンペーンへの申し込みを行う必要がある。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0