IT人材ラボ

注目の特集・連載

経験ゼロの採用担当が大きな成果、地方・低知名度という不利を覆したWantedlyでの施策とは――ハカルス 菊本知美氏

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ITエンジニア採用の基本ツールの1つとなっているWantedly。有名企業でなくても、Wantedly経由で優れたエンジニアを採用できている企業もあるという。この連載では不利がありながらITエンジニア採用で成果を上げてきた企業に、その施策や秘訣などを聞いていく。今回は、京都にあるAIスタートアップ企業の株式会社ハカルスで採用担当を務める菊本知美氏に、地方にあり知名度も高いとはいえない同社がエンジニアとして正社員6名、インターン8名を採用できた、その取り組みを聞いた。

本記事は「HRzine」に移転いたしました

 IT人材ラボの後継メディア「HRzine」に本記事がございます。恐れ入りますが、こちらよりご覧ください。

(編集部)

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 市古 明典(IT人材ラボ ラボ長)(イチゴ アキノリ)

    1972年愛知県生まれ。宝飾店の売り子、辞書専門編集プロダクションの編集者(兼MS Access担当)を経て、2000年に株式会社翔泳社に入社。月刊DBマガジン(休刊)、IT系技術書・資格学習書の編集を担当後、2014年4月より開発者向けWebメディア「CodeZine」の編集に参加。その後、資格学習書と開発者向けWebメディア両方の経験を活かして「資格Zine」を立ち上げ。2017年7月にその拡張版として「IT人材ラボ」をスタートさせた。

バックナンバー

連載:こうして不利を克服した! WantedlyでのITエンジニア採用
IT人材ラボ
2019/09/27 15:10 /article/detail/1794
All contents copyright © 2017-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0