Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

エンジニア採用を体系的に学ぶ「Engineer's Recruiting」プロジェクトが発足

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/08/01 11:22

 7月31日、エンジニアが適切に採用に関わる企業を増やすことを目的とするプロジェクト「Engineer's Recruiting」が発足した。8月23日(金)に最初のイベントを開催する。

 Engineer's RecruitingはLAPRASの千田和央氏が発起人となり、同社からスピンアウトして生まれたプロジェクト。今日エンジニア採用の重要性が叫ばれ続け、また社内のエンジニアが採用に関わることを推奨する潮流がある一方で、「なぜエンジニア採用が重要なのか」「なぜエンジニアが採用に関わるべきなのか」といったことを体系的に学ぶ機会がなく、またより重要な「どのようにしてエンジニアが採用に関わっていくべきなのか」ということはあまり論じられてこなかったことが、発足の背景にあるという。

 Engineer's Recruitingでは、エンジニア採用が重要視されている社会背景から具体的な手法まで、スクール形式で学ぶ全3回のイベントを連続開催する。参加対象者は経営者、人事担当者、エンジニアで、現場だけではなく、組織としてどうエンジニア採用に向き合うべきなのかを体系的に伝えていく。講演やコンテンツ作成には、エンジニアの組織づくりや採用に知見を持つ人物にサポーターとして協力を依頼する。

 8月23日(金)には第0回とするイベント(Engineer's Recruiting #0)を開催する。同回では、エンジニア採用を取り巻く環境や問題点について学ぶ講義と、広木大地氏(株式会社レクター 取締役、『エンジニアリング組織論への招待』著者)、松本勇気氏(合同会社DMM.com CTO)らが「エンジニアを採用するための組織づくり」というテーマで話すトークセッションが行われる。時間は19:30〜21:30で、場所はLIVING by LAPRAS(東京・渋谷)。参加費は3000円(税込み)で、こちらから参加を申し込む。

 なお、今後は連続開催するイベントに加え、Speaker Deckによる資料公開やnoteでの記事公開を通してエンジニアが適切に採用に関わるための理論と手法を発信していく。また、第0回に続き、9月に第1回、10月に第2回、11月に第3回イベントを実施予定。9月開催の第1回では、第0回に引き続き広木大地氏が登壇する。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2019/08/01 11:22 /article/detail/1806
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0