Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

「カオナビ」が「SmartHR」とAPI連携機能を提供開始、従業員情報の取り込みが可能に

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/08/02 11:49

 クラウド人事労務ソフト「SmartHR」は、8月1日より、クラウド人材管理システム「カオナビ」とのAPI連携機能の提供を開始した。

 今回のAPI連携により、SmartHRに従業員情報が登録されている場合、カオナビへ簡単に従業員情報の取り込みが可能になる。SmartHRでは、入社手続きに必要な情報を従業員本人に登録してもらう仕組みになっており、カオナビへの連携機能を活用することにより、事担当者や労務担当者の入力作業が大幅に効率化されるという。例えば、SmartHRで入社手続きを行う労務担当者は、カオナビを活用している人事担当者に、従業員情報が記載された書類のスキャンや受け渡しが不要になる。

 現在、SmartHRからカオナビへ取り込み可能な情報は下記の2つ。今後、SmartHRに登録されているデータをより多くカオナビ取り込みできるよう、連携を進める予定としている。

取り込みが可能な情報
  • 個人情報:氏名/フリガナ・生年月日・性別
  • 社員情報:入社日・社員番号・メールアドレス
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2019/08/02 11:49 /article/detail/1808
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0