Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

現場のエンジニア、マネージャーをスキル向上から生き方・働き方までサポートするキャリアコンサルタントの仕事

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 変化の激しいIT業界において、現在の職場環境や将来のキャリアに不安を感じているITエンジニアは少なくないだろう。株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリには、そんな社内のITエンジニアを支えるため、キャリアコンサルタントが12年も前から活動しているという。具体的にはどのような役割を果たしているのか。同社 ビジネスマネジメント本部 人事部 キャリア支援室 エグゼクティブ・コンサルタントの島村泰子氏に話を聞いた。

キャリア相談は健康診断を受けに行く感覚で

――まずは島村さんの日ごろのお仕事内容を教えてください。

 キャリアの相談を受ける業務や、研修の企画・講師、あとは異動の希望があれば関連部署と連携を取りながら調整もしていきますし、産休や病欠などで休職された方たちに対する支援も行っています。

――キャリア相談に乗るだけかと思っていましたが、はるかに幅広いですね。

 はい。企業内のキャリアコンサルタントは、相談しに来る方に対して支援するだけでなく、普通に働いている方のモチベーション維持・促進に向けた働きかけも重要な役割なんです。

島村 泰子氏
島村 泰子(しまむら やすこ)氏
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ ビジネスマネジメント本部 人事部 キャリアサポート支援室 エグゼクティブ・コンサルタント。
SE(システムエンジニア)として約10年従事し、その後、人材開発や採用に関わり、2007年に「キャリアデザインサポート室(現在のキャリア支援室)」を設立し、社員のキャリアを支援している。

――それにしても、人事異動にキャリアコンサルタントの方が関わっているというのは初耳です。

 「10年間同じプロジェクトでインフラ周りをやってきたけれど、キャリアの幅を広げるためにシステム開発もやってみたい。直属の上司にもその気持ちは伝えているけれど、なかなか他に行かせてもらえない」といった相談もありますね。お客様と仕事の関係が長いと異動が難しいですし、管理職には「優秀な人は他へ出したくない」という思惑がありますから。そんなときは私たちが間に入って、ご本人の話を聞いた上で、異動元や異動先の管理職の方とも話をして、異動に向けた手順に入っていきます。

 ご本人が異動希望を出したときにも、私たちが面談をして、どれくらい本気で考えているのかをお聞きしています。すると「リーダーが変わるのが不安だから異動したい」といった曖昧な理由だったりもする。そんなときには「スキルの幅を広げることもできるので、次のプロジェクトでもう1回がんばってみてはどうですか」とお伝えすることもあります。

――正しいキャリアの選択ができているのかも含めて相談に乗られるんですね。

 そうです。管理職の方から「この人がちょっと悩んでいるみたいだから、話を聞いてあげてほしい」という相談をいただくこともあります。「本人が本気で異動を望んでいるなら応援するから、得意な分野を引き出して異動先を見つけてもらえないか」と。

 端的に、「部下のこういう悩みを解決するには、どうしたらいいか」という相談もありますね。キャリア支援室ができてから12年になりますので、みなさん安心してご利用いただけていると思います。

同社 キャリア支援室の活動方針と役割
同社 キャリア支援室の活動方針と役割
[画像クリックで拡大表示]

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 野本 纏花(ノモト マドカ)

    フリーライター。IT系企業のマーケティング担当を経て2010年8月からMarkeZine(翔泳社)にてライター業を開始。2011年1月からWriting&Marketing Company 518Lab(コトバラボ)として独立。共著に『ひとつ上のFacebookマネジメント術~情報収集・人脈づくり・セルフブランディングにFacebookを活用しよう』がある。

  • 市古 明典(IT人材ラボ ラボ長)(イチゴ アキノリ)

    1972年愛知県生まれ。宝飾店の売り子、辞書専門編集プロダクションの編集者(兼MS Access担当)を経て、2000年に株式会社翔泳社に入社。月刊DBマガジン(休刊)、IT系技術書・資格学習書の編集を担当後、2014年4月より開発者向けWebメディア「CodeZine」の編集に参加。その後、資格学習書と開発者向けWebメディア両方の経験を活かして「資格Zine」を立ち上げ。2017年7月にその拡張版として「IT人材ラボ」をスタートさせた。

バックナンバー

連載:インタビュー

もっと読む

IT人材ラボ
2019/11/13 06:00 /article/detail/1876
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0