Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

「社会人2,000人に聞いた1on1導入実態調査」を実施、導入率は約15%―ディップ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/12/03 12:51

 求人情報サイト「バイトル」「はたらこねっと」などを展開するディップは、「社会人2,000人に聞いた1on1導入実態調査」を実施し、その結果を12月3日に公開した。

 同調査は2019年11月に、全国の企業に勤める22〜65歳の男女を対象に実施。2000名から回答を得ている。調査の結果は以下のとおりだったという。

 「1on1制度を知っているか」を聞いたところ、「聞いたことがある」が34.8%、「聞いたことがない」が65.2%だった。大手IT企業が導入して以来、ビジネスの世界で注目を集めつつあるものの、実際の認知度はまだ低いことがうかがえる。

 「1on1を聞いたことがある」と回答した人に、「勤務先の1on1の導入状況」を尋ねたところ、「1on1を取り入れている」が41.8%、「1on1を取り入れていない」が58.2%となり、全体では約15%の人が勤務先で「1on1」を導入しているという結果だった。制度の導入には至っていない企業も多いもようだ。

 また、「直近1ヶ月で上司に褒められたいと思ったことがあるかどうか」を聞いたところ、「思ったことがある」が51.7%、「思ったことがない」が48.3%。続いて「1週間以内に上司に褒められたかどうか」を聞いたところ、「褒められた」が34.4%、「褒められていない」が65.6%だった。褒められたいと思ったことがある人が約半数、一方で6割以上が褒められていないということで、上司と部下の間で褒めるコミュニケーションをあまり取れていないことが予想される。

 「同僚に悩み事や本音を言えるか」を聞いたところでは、「言える」が42.2%、「言えない」が57.8%という結果に。同僚や職場の人に悩みを相談することが難しい現状がうかがえた。

 なお、ディップでの1on1の取り組みを紹介する記事も、同調査と併せて公開されている。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2019/12/03 12:51 /article/detail/1967
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0