Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

お金のためだけではない! 来日してまでCogent Labsで働きたいとAI人材に思わせる理由とは?

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最先端の人工知能(AI)の研究・開発にフォーカスしたビジネスを推進し、AI関連ソリューションで注目を集める株式会社Cogent Labs(コージェントラボ)。現在、25か国以上から優秀なAI技術者が集まり活躍している。前回の《前編》では、同社 人事採用マネージャーのマルコ・スリマ氏と、リードリサーチサイエンティストのティアゴ・ラマル氏に、世界中から貴重なAI技術者を採用するための募集方法や面接のポイントを聞いた。この《後編》では引き続き、給与の決め方や、「お金だけではない」自社の魅力のアピールについて尋ねてみた。

《前編》はこちらから。

エンジニアの心をつかむには技術者を前に立てる

――これから優れた海外人材を採用したいと考えている日本企業に、成功のポイントをアドバイスしていただけますか。

マルコ・スリマ氏(以下、スリマ):当社では最初の面接を技術チームが担当しますが、LinkedInなどに投稿する場合も、ジョブディスクリプション(職務記述書)は人事担当者ではなく現場のエンジニアが書きます。現場のニーズをわかりやすく示し、「この職務に就いたらこの仕事をやってもらう必要がある」ということを、はっきりと打ち出すことが大事です。

 ここでのポイントは「シンプルにはっきりと書くこと」「バブリーな話を書かないこと」。特にBtoBの会社では、美辞麗句よりもニーズだけを簡潔かつ正確に伝えるほうが大切です。そのためにもAIのような最先端の分野では、本当に技術をわかっている現場のエンジニアを前面に立てていくことが、応募人材にとっても魅力的なアプローチに映ります。

株式会社Cogent Labs 人事採用マネージャー マルコ・スリマ(Marco Sulima)氏
株式会社Cogent Labs 人事採用マネージャー マルコ・スリマ(Marco Sulima)氏

――海外人材と面接をする場合に、特に注意すべき点を教えてください。

スリマ:まず、相手を安心させること。日本で働いたことがない人は、どんな国でどんな職場なのか見当もつきません。それだけに安心感が何より大切です。同様に、安定している会社であることをきちんと伝える。そのために聞かれた質問にはどれも丁寧に答えて、こちらのメッセージを前面に押し出す。「スタートアップだから、まだいろいろ決まってなくて……」などと曖昧に答えてはだめで、会社のビジョンから何から明確に伝えることが必須です。

 また、ティアゴ(ラマル氏)のようなすでに社内で活躍している海外人材を連れてきて、一緒に話してもらうのも、相手に安心感を持ってもらうためにはとても効果的です。

 あと、面接で非常に大事なのが、「日本が好き」「東京が好き」かどうかを見極めることですね。そうでないと、いざ来てからなじめないというのはお互いに困る。当社でもこれまで入社したほぼ全員、日本が好き、もしくは日本に来た経験がある人でした。ほとんど何も知らないまま来てくれたティアゴは、むしろ例外中の例外です。

株式会社Cogent Labs リードリサーチサイエンティスト ティアゴ・ラマル(Tiago Ramalho)氏
株式会社Cogent Labs リードリサーチサイエンティスト ティアゴ・ラマル(Tiago Ramalho)氏

――テクノロジー以外で海外の技術人材が、「この会社で働いてみたい」と思ってくれる要素にはどんなものがありますか。

スリマ:まず企業としてのビジョン、事業目的、獲得目標といった大きな枠組みは、技術と同じくらいに、応募者のモチベーションに大きく関わってきます。ここをはっきりと伝えられないと厳しいですね。

 オフィスのスタイルや場所も大事です。以前、当社のオフィスは東京・代官山のファッションブティックの中にあって、ちょっと企業の事務所には見えないところが面白かったのです。高層のオフィスビルの中に移転した現在も、社内のインテリアや空間づくりにはスタイリッシュな雰囲気をできるだけ心がけています。

 あとは、やはり人ですね。日本人や日本の文化とフィフティ・フィフティ(対等)な関係を保って働けること。外国人と日本人の両方がいる当社でも、お互いに対等な立場で働けることが非常に重要な要件になっています。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 工藤 淳(オフィスローグ)(クドウ アツシ)

    出版社や制作会社勤務の後、2003年にオフィスローグとして独立。もともと文系ながら、なぜか現在はICTビジネスライター/編集者として営業中。 得意分野はエンタープライズ系ソリューションの導入事例からタイアップなど広告系、書籍まで幅広く。

  • 市古 明典(IT人材ラボ ラボ長)(イチゴ アキノリ)

    1972年愛知県生まれ。宝飾店の売り子、辞書専門編集プロダクションの編集者(兼MS Access担当)を経て、2000年に株式会社翔泳社に入社。月刊DBマガジン(休刊)、IT系技術書・資格学習書の編集を担当後、2014年4月より開発者向けWebメディア「CodeZine」の編集に参加。その後、資格学習書と開発者向けWebメディア両方の経験を活かして「資格Zine」を立ち上げ。2017年7月にその拡張版として「IT人材ラボ」をスタートさせた。

バックナンバー

連載:インタビュー

もっと読む

IT人材ラボ
2020/02/14 06:00 /article/detail/2031
All contents copyright © 2017-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0