IT人材ラボ

注目の特集・連載

2020年3月Amazon調べ 「人事・労務」のベストセラー書籍トップ50

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年3月の1か月間に、Amazonで最も売れた人事・労務関連本は何か――。本記事では、そのランキング1位から50位までを発表する(Amazon協力のもと、「総務・人事・労務管理(オフィス管理・OA、秘書を除く)」ランキングから作成)。また、ランキング内の注目書籍のほか、ランキング外・カテゴリー外だが気になる人事向け書籍も紹介する。

今月の注目書籍

ひとりでできる 必要なことがパッとわかる 人事・経理・労務の仕事が全部できる本

 前月の26位から15位にアップした『ひとりでできる 必要なことがパッとわかる 人事・経理・労務の仕事が全部できる本』(原尚美/菊地加奈子著、ソーテック社刊)は、人事1年目の新人スタッフが行う基礎的な業務から、3年程度の中堅スタッフが行うワンステップ上の業務までを解説。社長・役員が関わるような緊急時での対応にも触れる。今はリモートワーク(テレワーク)で、新人に直接指導できなかったり、上長にすぐ質問しづらかったりする。便利な一冊だろう。

ストライキ2.0 ブラック企業と闘う武器

 先月の519位から一気に28位へジャンプアップした『ストライキ2.0 ブラック企業と闘う武器』(今野晴貴著、集英社刊)。ブラック企業に関する著作で受賞経験もある著者が、世界各地で増えつつある新しいタイプのストライキについて解説。賃金の伸び悩みや収入格差が顕在化してきた日本国内にもその波がやってくるか。

組織論と行動科学から見た 人と組織のマネジメントバイアス

 最後に紹介するのは、今回はランキング外だったが、3月28日の発売以来売れ行き好調な『組織論と行動科学から見た 人と組織のマネジメントバイアス』(曽和利光/伊藤洋駆著、ソシム刊)だ。四半世紀以上にわたり人と組織のマネジメントに携わってきた著者の「人や組織は、世界中の研究者が発見し、積み上げてきた常識、原理と原則をベースにマネジメントするべきだ」という想いの下に上梓された力作。

*     *     *

 1位から50位までの全体ランキングについては次のページに掲載している。なお、前月順位についてはデータ取得の方法・仕様により変動する場合がある。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

    翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

  • 市古 明典(IT人材ラボ ラボ長)(イチゴ アキノリ)

    1972年愛知県生まれ。宝飾店の売り子、辞書専門編集プロダクションの編集者(兼MS Access担当)を経て、2000年に株式会社翔泳社に入社。月刊DBマガジン(休刊)、IT系技術書・資格学習書の編集を担当後、2014年4月より開発者向けWebメディア「CodeZine」の編集に参加。その後、資格学習書と開発者向けWebメディア両方の経験を活かして「資格Zine」を立ち上げ。2017年7月にその拡張版として「IT人材ラボ」をスタートさせた。

バックナンバー

連載:Amazonランキング
IT人材ラボ
2020/04/13 12:02 /article/detail/2138
All contents copyright © 2017-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0