IT人材ラボ

注目の特集・連載

ソフトバンク人事が立ち上げたピープルアナリティクスチーム《後編》――分析だけでは経営に資せず

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/05/27 06:00

 シンギュレイト代表の鹿内学氏が、ピープルアナリティクスを実務で活用している人を訪ねる対談連載。ソフトバンクの御園生銀平氏との対談後編では、これから始める人が知っておきたい、どうしたら経営に資するピープルアナリティクスを実践できるか、そのために注意するべきことは何かについて話が進んだ。また、ピープルアナリティクスの基礎となる知識を、御園生氏がどのように獲得しているかも紹介された。

本記事は「HRzine」に移転いたしました

 IT人材ラボの後継メディア「HRzine」に本記事がございます。恐れ入りますが、こちらよりご覧ください。

(編集部)

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 鹿内 学(シカウチ マナブ)

    博士(理学)https://researchmap.jp/shika
    株式会社シンギュレイト代表。京都大学などの研究機関で10年ほど脳活動画像データ、生体データの計測・分析をおこなう基礎研究に従事。現在、働く中でのコミュニケーション・データから関係性に注目した次世代ピープルアナリティクスの事業化にとりくみ、働く組織の科学と実用をめざす。代表を務めるシンギュレイトでは1 on 1や会議で利用できる可視化ツールを提供中。情報量規準が好き、サッカー好き、漫画好き。

  • 冨永 裕子(トミナガ ユウコ)

    IT調査会社(ITR、IDC Japan)で、エンタープライズIT分野におけるソフトウエアの調査プロジェクトを担当する。その傍らITコンサルタントとして、ユーザー企業を対象としたITマネジメント領域を中心としたコンサルティングプロジェクトを経験。現在はフリーランスのITアナリスト兼ITコンサルタントとして活動中。ビジネスとテクノロジーのギャップを埋めることに関心があり、現在はマーケティングテクノロジーを含む新興領域にフォーカスしている。

バックナンバー

連載:1枚の図からはじまるピープルアナリティクス
IT人材ラボ
2020/05/27 06:00 /article/detail/2140
All contents copyright © 2017-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0