IT人材ラボ

注目の特集・連載

「グローバル・ヒューマン・キャピタル・トレンド2020」を発表―デロイトトーマツ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/05/20 17:11

 デロイト トーマツ グループは、5月18日(現地時間)に「グローバル・ヒューマン・キャピタル・トレンド2020 ソーシャル・エンタープライズの実際:パラドックスを超えて」を発表した。これはデロイトグローバルが毎年発行している人事・組織・働き方に関する世界最大級の調査レポートで、日本語版公開は6月初旬の予定。

 「グローバル・ヒューマン・キャピタル・トレンド2020」は、世界119か国、約9000名の人事部門責任者、管理職などへのアンケートをもとに、組織のあるべき姿について解説したもの。技術進展のパラドックスにある「人間的な組織」の重要性について焦点を当て、その実現のためには企業がどのように対応すべきかを、テーマ別に掘り下げている。

 同レポートでは、「パーパス(存在意義)」「ポテンシャル(可能性)」「パースペクティブ(展望)」の3つの視点に沿って、企業が準備すべき9の人事・組織トレンドをまとめた。

企業が重視すべき3つの視点と9のトレンドのイメージ
企業が重視すべき3つの視点と9のトレンドのイメージ
[画像クリックで拡大表示]

 「パーパス(存在意義)」としては、帰属意識、ウェルビーイング実現に向けた仕事のデザイン、世代を超えた労働力というキーワードで、個性を追求しつつ帰属意識を醸成する必要性を述べている。

 「ポテンシャル(可能性)」としては、スーパーチーム、ナレッジマネジメント、新しいスキルの獲得を超えてという3つのキーワードを提示。変わり続ける現実の中、安心を見つける手段として捉えられる組織が、生産性を向上させ、競争で優位に立てると指摘する。

 「パースペクティブ(展望)」としては、報酬の難問、人材戦略の手綱を握る、倫理と労働の未来というポイントで、不確実な時代だからこそ、それを脅威としてではなく可能性の広がりと捉え、思い切った行動をするべき、と訴えている。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2020/05/20 17:11 /article/detail/2217
All contents copyright © 2017-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0