Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

顧客経験(CX)から商品・サービス開発を学ぶデザイン思考実践セミナーを開催―PMI日本支部が5月30日〜31日に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/02/22 14:00

 PMP(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)資格認定を行うPMIの日本支部は、顧客経験(CX:Customer EXperience)を用いて、商品開発やサービス開発を学ぶデザイン思考実践セミナー「デザイン思考実践(2日間)〜顧客経験(CX)からの革新商品&サービス開発〜」を5月30日(火)と31日(水)の2日間、東京・水天宮にて開催する。定員は20名、受講料は12万円(一般、通常価格の場合)。

 品質や機能といった製品やサービスそのものの価値ではなく、購入や使用といった経験から得られる価値を「顧客経験(CX)」という。従来の市場調査や市場分析から出てくる顧客像は市場全体を捉えたものであり、現在の個性的な市場においては、その手法はもはや有効ではない。特定の顧客像を明らかにして、その特性を定義し、これにあてはまる顧客経験を与える必要がある。

 このセミナーでは、自社のビジネスをどのように時代に適応させていくか、そのためにまず顧客経験とは何かという基本の考え方を習得する。そのうえで、人間中心アプローチに基づくデザイン思考やエスノグラフィー、ペルソナやカスタマージャーニーマップといった手法を用いて、顧客経験経験を理解し、インサイト(解釈)を定義する方法を学ぶ内容になっているという。

 プログラムの概要は次のとおり。

【1日目】5月30日(火)
  • いま「顧客経験(CX)」が重視されている理由
  • エスノグラフィーと人間中心のアプローチ
  • 理想の顧客経験をつくる   
  • 核心をついた解釈(インサイト)を定義する   
  • 演習:カスタマージャーニーマップを作る          
【2日目】5月31日(水)
  • 顧客経験をデザインする   
  • 顧客経験によるイノベーション   
  • ブランドロイヤリティのレベルを上げる   
  • プロトタイプで実験の価値を提供する   
  • 演習:革新的なサービスを提案する

 セミナーの開催概要は次のとおり。

「デザイン思考基礎 〜優れた顧客経験(CX)を提供する〜」開催概要
日時 2017年5月30日(火)9:30~18:00(9:00受付開始)
2017年5月31日(水)9:30~18:00(9:00受付開始)
場所 PMI日本支部セミナールーム(地図
対象者 経営者、管理者、プログラム マネジャー、プロジェクトマネジャー、PMOメンバー、プロダクト マネジャー、製品開発担当、ソフトウェア開発担当、ビジネスアナリスト、コンサルタント、営業担当
定員 20名
※最少開催人数:6名。5月15日時点で最少開催人数に未達の場合は開催を中止
受講料(消費税込)
  • PMI日本支部会員:7万4000円(早期割引価格:6万円)
  • 法人スポンサー企業社員:8万6000円(早期割引価格:8万円)
  • 一般:12万円(早期割引価格:11万4000円)
※早期割引価格は、3月17日(金)00:00 までにクレジットカード決済を完了した人、または3月16日(木)15:00までに銀行振り込みで入金確認できた人を対象
PDU受講対象
  T L S 合計
PMP/PgMP 8.0 3.0 3.0 14.0
PMI_RMP 0.0 3.0 3.0 6.0
PMI_SP 0.0 3.0 3.0 6.0
PfMP 8.0 3.0 3.0 14.0
PMI_ACP 8.0 3.0 3.0 14.0
PMI_PBA 8.0 3.0 3.0 14.0
T:Technical 、L:Leadership、S:Strategic&Business Management
ITC実践力ポイント ITコーディネータ資格者には資格更新条件に関する運用ガイドラインに準じ、最大14時間分を取得できる

 なお、このセミナーは2日間コースとしての申し込みが必要になり、1日目のみ、2日目のみといった参加はできない。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0