Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

日本語化されたITILプラクティショナ資格を紹介―itSMF JapanがITサービスマネジメントのセミナーを開催

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/06/01 08:00

 特定非営利活動法人itSMF Japanは6月29日(木)に「第62回セミナ」を東京にて開催する。セミナーでは「デジタル時代でのITサービスマネジメントにおける人材教育」にフォーカスし、『ITILプラクティショナガイド』の日本語化に伴ったITILプラクティショナ資格の紹介などが行われる。定員は150名、参加費は3000円(一般、itSMF Japan会員は無料)。

 itSMF(The IT Service Management Forum)は、情報システムの運用管理基準「ITIL(IT Infrastructure Library)」の普及促進を目的してイギリスにて設立された会員制ユーザー・フォーラム。itSMF Japanは、アジアで最初のitSMFとして2003年5月に設立され、活動を開始している。

 6月29日に行われる「第62回セミナ」では、この春日本語化されたITILを補完するガイドの1つ『ITILプラクティショナガイダンス』(日本語版)にフォーカスし、その資格についての説明を行うとともに、社内におけるITILプロセス活用の高度化や適用範囲拡大の中で、ITILプラクティショナガイドをどう捉えるか、またどうやって活用するかについて、英国における調査報告を交えて紹介する。

 ITILプラクティショナ資格は、ITILを参照するITサービスマネジメントの導入や改善を行える基本的なスキルを有していることを認定する資格。プラクティショナ(Practitioner)とは「実務者」を意味し、この資格の所持者は所属する組織などでITILを適用するスキルセットを的確に把握していることになる。

 なお、ITILプラクティショナ資格受験の前提条件にはITILファンデーション(V3)資格を保有している必要があるが、ITILプラクティショナ資格の取得が上位資格ITILインターミディエート取得の前提条件とはならない。また、ITILプラクティショナ資格を取得すると、ITILの上位資格ITILエキスパートの認定要件となる22クレジットのうちの3クレジットの取得が可能だ。

 ITILプラクティショナの出題分野や問題数に関しては、こちらのシラバス(PDF)を参照してほしい。

 セミナーの開催概要は次のとおり。                            

「itSMF Japan 第62回セミナ」開催概要
日時 2017年6月29日(木)13:20〜16:45(13:00受付開始)
場所 ソラシティカンファレンスセンター 1階 Room C(東京・お茶の水)
定員 150名
参加費 無料(itSMF Japan会員)、3000円(一般)
申し込み こちら(一般)から、itSMF Japan会員は会員専用ページから

 なお、セミナー当日に資料配布は行われない。事前にメールで送られてくるリンク先から、講演資料をダウンロード・印刷して持参するよう呼びかけている。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0