Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

国内ソフトウェア市場においてビッグデータや働き方改革関連が高い成長―IDC Japanが2016年実績と最新予測を発表

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/07/03 07:00

 IDC Japanは、国内ソフトウェア市場の2016年の実績と2017年〜2021年の予測を発表した。このレポートによると2016年の前年比成長率が2.2%、2017年は前年比成長率3.9%を見込んでいる。2016年の実績においてもっとも成長率が高かったのは、アプリケーション開発/デプロイメント市場で、前年比成長率が5.3%、2016年〜2021年の年間平均成長率の内訳においても同市場は6.7%と予測されている。

 IDC Japanのレポート「国内ソフトウェア市場予測、2017年〜2021年」のポイントは次のとおり。なお、IDCが定義するソフトウェア市場には、パッケージソフトウェア、SaaS(Software as a Service)、PaaS(Platform as a Service)の売上額が含まれている。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2017/07/04 14:30 /article/detail/582
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0