Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

なぜITベンチャー企業で高学歴学生を採用できるようになったのか

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Dento[著]
2017/07/24 08:00

 学生が就職先としてあこがれる業種は時とともに移り変わる。分かっていても、東京大学をはじめとするトップ校の学生が、目新しく価値の定まっていないベンチャー企業へ就職を望む姿は、既存の価値観で企業や経済を見る社会の諸先輩たちの目には奇異に映るかもしれない。もちろん、それらのベンチャー企業が取り組む業務やビジネス、環境に自分の成長の機会を見て入社するケースは多い。一方で、そうしたベンチャー企業側でも、優秀な学生を採用する努力・工夫を重ねている事実を見逃してはいけない。本稿ではITベンチャー企業の採用を例に、ベンチャー企業がどのような採用活動を行っているかを紹介する。

著者のDento氏が運営する「20代〜30代のキャリアを考えるブログ」もあわせてご覧ください

優秀な人材が外資系企業へ流れた時代

かつて、偏差値が高い有名大学の卒業生は、東証一部の大手企業に就職するのが当たり前だった時代があった。しかし、この10数年で採用状況は大きく変化し、ベンチャー企業、特にITベンチャーに就職する高学歴学生が一気に増えた。東大生が数十人規模のベンチャーに行く事例が出てきたのだ。

ベンチャー企業に就職する人は、大企業に内定できない人が行くところというイメージを持っている方も少なくないと思う。しかし、自らベンチャーに就職する人が登場し始めたのは、まぎれもない事実だ。

「待遇は良いものの組織が官僚的である財閥系の日系大手には行きたくない」と考える、アントレプレナーマインドにあふれた人の受け皿に関して言うと、2000年以前はリクルート社がその役割を担っていた。

その後、エリートの就職先であり一生安泰と言われた日系大手ではない選択肢が、21世紀に入って登場した。

まず第一の変化として、外資系企業が新しい選択肢になった。マッキンゼー、ボストン コンサルティング グループ(BCG)、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレーが、いつの間にか学生の人気就職先として挙がるようになった。日系企業よりも高い給与を、月収ではなく年収で記載した英語の契約書が提示され、多くの学生がつられていった。

そしてベンチャーも人気就職先へ

その後、10年ほど前から、今度はITベンチャーが高学歴学生の人気就職先の1つとして挙がるようになった。理由はいくつかある。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • Dento(デント)

    自身の経験を基にトップ校の新卒学生から20代、30代に向けたキャリアアドバイスを数多く実施。キャリア論を発信したブログ「20代~30代のキャリアを考えるブログ」が多くのビジネスパーソンから支持される。
    20代~30代のキャリアを考えるブログ: http://www.careerhigh.jp

バックナンバー

連載:20代~30代のキャリアを考えるブログ 出張版
All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0