Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

ベンチャー企業でも熱意・積極性を兼ね備えた上位校学生をなぜ採用できるのか——学生の視点から

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ルビー[著]
2017/09/22 14:15

 熱意があり積極的な姿勢の学生は、どの企業でものどから手が出るほど欲しい人材でしょう。そのためにも、新卒採用を担当する皆さんは、就活生の気持ちや価値観、そして本音を知りたいことと思います。本稿では、ベンチャー企業への就職を決めた東京大学4年生である筆者が、企業規模によらず「熱意と積極性を兼ね備えた上位校学生」の採用を可能にするための重要な要素について、自身の就活体験に基づいて明かしてくれます。(ラボ)

どんなベンチャー企業でもほしい「生き急いでいる」学生

 ベンチャー企業では、新卒1年目の社員であっても、責任感を持って自ら仕事を取りに行く姿勢が求められる。新卒採用を担当している方も、そのような熱いを思いを持つ学生を採用したいと思っているのではないだろうか。

 私は現在東京大学の4年生だが、周りにはそのような熱い思いを持つ学生がたくさんいる。彼ら・彼女らはすでに自分でサービスを立ち上げていたり、週5日で夜遅くまで働いていたりするなど、ある意味で非常に「生き急いでいる」側面を持っている。成長のためなら、どこまでもストイックになれる。中には、内定者バイトで新規事業の泥臭い現場仕事をしつつ、マネジメントまでこなして成果を出している強者もいる。

 こうした「生き急いでいる」学生は、業務経験が豊富で、仕事に対する基本姿勢ができているため、ちょっとやそっとのことでは折れないだろうし、ベンチャー企業でも即戦力になれると思う。

 とはいえ、彼ら・彼女らが選ぶ就職先は、けっきょく外資系企業であったり、ベンチャー企業だとしても名のあるメガベンチャーだったりするのだろう――そう思う向きが多いかもしれないが、実はそんなことはない。名前も知られていないようなベンチャー企業から早々に内定を取り、残りの学生期間を自己の成長に充てる学生も少なくない。

 私もそうした「生き急いでいる」学生の1人である。自己の成長を求め、大学3年生からベンチャー企業の長期インターンシップに参加し、1年以上インターンのリーダーを務めた後、就職先としてベンチャー企業[1]を選択した。本稿では、「生き急いでいる」学生がどのような点に惹かれてベンチャー企業への就職を決めるのか、私の実体験を通してお話ししたい。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • ルビー(ルビー)

    東京大学の4年生。来年より、400人規模のベンチャー企業に入社予定。大学1~2年生の頃はイベント運営を行う学生団体に所属。3年生になったころから起業を志し、30人規模のベンチャー企業で長期インターン生として働き始める。長期インターンでは、Webマーケティングを行い、インターンのリーダーとして活躍するまでに至る。

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0