Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

文系/理系、経験者/未経験者のギャップは入社前に対策、新人研修はメンターとチームがサポート

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Salesforceをはじめとするクラウド上での受託開発やサービスの提供で、確かな実績と知名度を誇るテラスカイ。2017年卒の新卒採用において、15名(グループ会社も含む)の内定者を得た同社は、入門者向けプログラミング学習サービス「Progate」を利用し、自宅でできるプログラミング演習に挑戦するよう彼らに伝えた。なぜ、テラスカイは内定者に入社前のプログラミング演習に取り組んでもらったのか。また、演習環境としてProgateを選択した理由は何か。研修を担当した、株式会社テラスカイ 経営企画本部エンタープライズ部 スペシャリストの讃岐 行氏に聞いた。なお、取材には株式会社Progate 取締役COOの南部旭彦氏にも同席いただいた。

内定者のプログラミング課題、最大の壁は環境構築

――なぜ、内定者に入社前のプログラミング演習に取り組んでもらったのですか。

讃岐 行氏(以下、讃岐):2017年卒のエンジニア採用で内定を出し終えたのは昨年8月のことです。全部で15名でした。彼らには12月に集まってもらって、1日だけの内定者研修を行いました。そこで、自宅で進めてもらうプログラミング演習について説明するとともに、プログラミングの基本となる考え方を学んでもらいました。

 自宅でプログラミング演習に挑戦してもらった理由は、入社後の新人研修が始まる段階で、全員に一定の知識を持っていてもらうためです。例年、内定者には、いわゆる理系でプログラミング経験もそれなりにある人もいれば、文系でプログラミングはまったく未経験という人もいます。新人研修をスムーズに進めるためには、この入社段階のばらつきを減らさなくてはなりません。これは以前からの課題でした。そこで、入社前に自宅でプログラミング演習を挑戦してもらうことにしたんです。

 実は、内定者にプログラミングの課題を案内することは以前から行っていました。前年までは内定式で、課題図書に選んだいわゆるプログラミングの本を示し「この本を購入し、入社までにやってくるといいですよ」と伝えていたんです。しかし、ほとんど誰もやってこなかった。課題図書を購入した人が少なかったことも問題ですが、それ以上に、購入したけれども難しくて進められなかったという人も多かったことが問題でした。特に、プログラミングを行うための環境構築でつまづいた人が多かった。あと、何をしたらよいかがそもそも分からなかったという人もいました。

讃岐 行氏
讃岐 行(さぬき いこう)氏
株式会社テラスカイ エンタープライズ部 スペシャリスト。Salesforce MVP。2011年に同社へ入社し、2016年度より社内のエンジニア向け研修を担当。

――取り組もうとしたのに手が付けられず挫折したというのは、確かに問題ですね。

讃岐:ええ。これは何か工夫をしなければと。そこで、プログラミングを行う前の環境構築が必要なく、未経験者でも学ぶことの説明を読んですぐプログラミングに取りかかれるものを探しました。そこで選んだのがProgateです。12月の内定者研修でProgateを紹介し、入社までにチャレンジしてほしいと案内しました。

 ただし、案内にするだけならメールで済みます。そこをわざわざ内定者研修を開いて伝えることにしたのは、我々が「自発的に技術を学ぶ気持ちを持つ」ことを最重要視しており、そのことを直接伝えたかったからです。エンジニアは常に新しい技術を学んでいかなければなりません。上長や会社から「学びなさい」と言われているようではいけない。技術のことを好きになったり楽しく感じたりして、自分から「じゃあ、こういう技術を学んでみよう」となってほしいわけです。入社前に会社側から「こういうものを学んでみよう」と言えば、実質的には課題になってしまうのですが、本来は自分自身のために学んでほしいのです。

 プログラミング未経験の人にもそうなってもらうため、内定者研修ではプログラミングに関するパズルゲームのようなものをやったりしました。そうしてプログラミングの楽しさの一端を感じてもらってから、「テラスカイとしては入社前にこういうことをやってきてほしい」と、プログラミング演習の話をしました。

――パズルゲームのようなものとは?

讃岐:例えば、「1から100まで出力するけれども、3の倍数のときだけ変な言葉に変える」といった遊びの混じった動作を、処理の書かれたカードを使いフローチャートとして完成させるといったゲームです。このゲームを通して、プログラミング未経験者にも、目的に向けて論理的に処理を組み立てていくことを体験してもらいました。

 さらに、この体験をベースとして、コンピュータプログラムとは何か、プログラミングとは何かといったことも説明しました。「コンピュータは人間の言葉を理解できない。理解できるのは2進数の羅列だけ」であるとか、「プログラミング言語は人間とコンピュータを仲立ちする言葉」であること、「Webサービスやアプリなどはプログラミング言語を使って書かれている」といったことですね。これで、演習するのに必要なプログラミングのイメージを与えました。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 市古 明典(IT人材ラボ ラボ長)(イチゴ アキノリ)

    1972年愛知県生まれ。宝飾店の売り子、辞書専門編集プロダクションの編集者(兼MS Access担当)を経て、2000年に株式会社翔泳社に入社。月刊DBマガジン(休刊)、IT系技術書・資格学習書の編集を担当後、2014年4月より開発者向けWebメディア「CodeZine」の編集に参加。その後、資格学習書と開発者向けWebメディア両方の経験を活かして「資格Zine」を立ち上げ。「IT人材ラボ」はその拡張版となる。

バックナンバー

連載:インタビュー

もっと読む

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0