Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

世界33か国中、日本はワースト2位―ヘイズ・ジャパンが人材需要効率に関する調査報告を発表

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/10/30 08:00

 ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン(以下、ヘイズ・ジャパン)は、世界33か国の労働市場におけるハイスキル人材の需要効率を評価・分析した調査「グローバル・スキル・インデックス」の結果報告を行った。この報告によると、日本は、人材確保が容易かどうかを示す「人材ミスマッチ」スコアがワースト2位。企業が求めているスキルと、実際に求職者が持っているスキルが乖離していることが浮き彫りになった。

 グローバル・スキル・インデックスは、イギリスの調査機関「オックスフォード・エコノミクス」とヘイズが共同で実施しているもので、各国の政府や研究機関が発表する統計を活用した複合的な調査報告。調査は2012年から毎年行われており、今回で6年目になる。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2017/11/30 01:37 /article/detail/728
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0