Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

配偶者を持つ男性エンジニアの7割が「家庭を大事にしている」と回答―サクラグが調査結果を発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/11/13 08:00

 システム開発やインターネット広告を手がけるSAKURUG(サクラグ)は、「いい夫婦の日(11月22日)」にちなみ、ITエンジニアの働き方向上のヒントを見つけることを目的として、「エンジニアの夫婦間のアンケート調査」を実施し、その結果を発表した。その結果からは、「仕事の相談を妻にしない」「愛妻家ではない」ものの、「家庭を大事にしている」男性エンジニア像が浮かび上がってきた。

 この調査は2017年10月〜11月にかけ、ネット調査にて行われた。有効回答数は20代〜50代の既婚男性300名。

 まず、「仕事のことを配偶者に相談することはありますか?」という質問に対して、「よくある」「ある」という回答が47.2%、「あまりない」「ない」という回答が52.7%になった。男性エンジニアは、家ではあまり仕事のことを話していないもようだ。サクラグによると、この数値は、公務員や事務会社員など、他の職種と比較しても少ないという。

仕事のことを配偶者に相談することはありますか?(出典:プレスリリース)
仕事のことを配偶者に相談することはありますか?(出典:プレスリリース

 また、夫婦仲については、「かなり良好」「まあまあ良好」という回答が88.8%。他の職種との比較においても大きな違いは見られず、男性エンジニアのの多くが、夫婦仲は良好だと認識にしていることが想像される。また、「配偶者のことが好きですか?」という回答に対しても、「大好き」「好き」を合わせた回答が72.4%となっている。

夫婦仲は良好ですか?(出典:プレスリリース)
夫婦仲は良好ですか?(出典:プレスリリース
配偶者のことが好きですか(出典:プレスリリース)
配偶者のことが好きですか(出典:プレスリリース

 さらに、配偶者に対する振る舞いを聞いてみたところ、「自分のことを愛妻家だと思う」と回答した人は46.4%で、他の職種と比較すると少ない。その一方で、「家庭を大事にしている」と回答した人は67.1%であった。男性エンジニアは、自分を「愛妻家」と捉えている人はそれほど多くないものの、家庭を大事にしているという実感が大きい傾向にあることが見て取れる。

ご自分のことを愛妻家だと思いますか?(出典:プレスリリース)

ご自分のことを愛妻家だと思いますか?(出典:プレスリリース
家庭を大事にしていると思いますか?(出典:プレスリリース)
家庭を大事にしていると思いますか?(出典:プレスリリース
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0