Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

ディープラーニングの資格試験、第1回「G検定(ジェネラリスト検定)」の合格者は823名―JDLAが発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/01/10 08:50

 一般社団法人 日本ディープラーニング協会(Japan Deep Learning Association:JDLA)は、2017年12月16日に実施した第1回目の資格試験となるジェネラリスト向けの「G検定(ジェネラリスト検定)」の合格者が823名であったことを発表した。

 今回の受験申込者数は計1500名、受験者数は1448名。合格者は823名で、合格率は56.8%となった。受験者の年齢が30代と40代が多く(全体の62%)、業種はIT・SE・開発・運用系が最多(全体の57%)だった。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0