Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

登録セキスペは応募者が減少、基本情報処理技術者の応募者は増加―IPAが情報処理技術者試験の応募者数発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/03/12 08:37

 独立行政法人情報処理機構(IPA)は、4月15日(日)に実施される平成30年度春期情報処理技術者試験の応募者数を発表した。3回目となる情報処理安全確保支援士(以下、登録セキスペ)試験と、情報処理技術者試験の情報セキュリティマネジメント試験は、前年度同期と比べて応募者数を減少させているが、高度試験については微増・微減で大きな変化はないようだ。

 平成30年度春期登録セキスペの応募者数は2万3180人。前年度同期(2万5130人)の春期試験の92.2%にとどまっっている。

情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)試験の応募者数について(出典:[プレスリリース](https://www.ipa.go.jp/about/press/20180309.html))
情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)試験の応募者数について(出典:プレスリリース

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0