Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

他社と迷っている就活生に入社してもらうための6つの鉄則

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Dento[著]
2018/03/22 08:00

 ごきげんよう、Dentoである。就職/採用活動が本格化する時期だろう。就職活動生は、あなたが人事をしている1社だけではなく、多い学生では何十社、少ない学生でも数社は比較検討しながらあなたの会社を見ている。そこで、他社と迷っている学生に接するときの「鉄則」を書かせていただく。内定を出した学生に対してのフォローの一助となれば幸いだ。

著者のDento氏が運営する「20代〜30代のキャリアを考えるブログ」もあわせてご覧ください

鉄則1. 競合他社を悪く言わない

 他社を悪く言うことだけは絶対にやめよう。就活生は無邪気なので、あなたが言った他社の悪口が何気ないものであっても、他社の人事に伝えてしまうことがある。すると、他社の人事からもあなたの会社に対する敵意が増大するだけではなく、悪口を言っている会社を見て、就活生からも器の小さい会社だと思われる。

 人事であるあなた自身の器が小さいと思われるだけなら問題ない。しかし、就活生は限られた情報から会社を判断せざるを得ないため、あなたの一言が会社の評判を決めてしまう。このことは肝に命じておこう。当たり前のことだが、他社に恨みがあると他社をつい悪く言ってしまうもの。できるだけ余裕のある振る舞いが求められることは言うまでもない。

 人の悪口を言わないというのは、採用の場面に限った話ではなく、社内で人望も厚く活躍している人の多くは悪口を言わない。つまり、優秀な人が同僚に対して接しているような振る舞いを、人事、もしくは採用担当者であるあなたが就活生に対してできれば、何ら問題ないことである。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • Dento(デント)

    自身の経験を基にトップ校の新卒学生から20代、30代に向けたキャリアアドバイスを数多く実施。キャリア論を発信したブログ「20代~30代のキャリアを考えるブログ」が多くのビジネスパーソンから支持される。
    20代~30代のキャリアを考えるブログ: http://www.careerhigh.jp

バックナンバー

連載:20代~30代のキャリアを考えるブログ 出張版

もっと読む

All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0