Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

データに基づく人材の採用・育成の最前線/危機感からSEを集約した中堅SIer

-[Vol.032]-------------------------------------------------------
このメールはIT人材ラボで登録された方にお送りしています。
配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------

━  ━━━━━━━━━━━━━━━━
■ Python試験のご案内 ■ 受験料一般1万円(税抜)学生・教師5千円(税抜)
AI、機械学習、ビッグデータ、OpenStackで標準的に使用されるPythonの学習
チェックにいかがでしょうか?
1年中全国で受験できます。
詳細は⇒ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さま、こんにちは。IT人材ラボ ラボ長の市古です。

昨年からのAI・機械学習ブームは、とどまることを知らないようですね。
弊社で刊行した資格学習書『深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネ
ラリスト) 公式テキスト』も、大変好評を博しているようです。

『深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネラリスト) 公式テキスト』


いうまでもなく、AIや機械学習もビジネスでうまく活用できるか否かが重要です。
ただ、用途はビジネスサイドでも大半が模索中で、明確なのは画像認識技術の
応用か、カスタマーサポートの自動応答くらいではないでしょうか。
それだけに、一般の方もまずは技術の概要をつかんでおきたいということで、
資格取得を学習のきっかけとするケースが増えているのだと想像します。

対してエンジニアも、いつ何時、ビジネスサイドから開発・実装の要求が
入るか分かりません。AI・機械学習分野で主流のプログラミング言語Pythonに
馴染んでおくほか、主要なライブラリの使い方とその動作を体験的に理解しておく
ことが重要でしょう(もちろん基本的な理論も学んでおきたいですね)。

むしろ、技術を理解しているエンジニアのほうから、新しいサービスが生まれる
ケースも少なくないと思います。忙しい合間、チームで勉強会などを開いて、
技術的に何がどうすればできるのかを、確認してみるのもよいかもしれません。

[0]目次
----------
[1] 新着記事はこちら
[2] ニュースヘッドライン
[3] 人気記事ランキング
[4] 配信停止の方法

IT人材ラボのTwitterアカウント、Facebookページも公開して
います。
* Twitter  => https://twitter.com/it_jinzai_lab
* Facebook => 

また、記事のリクエストも大歓迎です。その他のご要望にも柔軟に
対応してまいりますので、メールにてどしどしお寄せください。
* リクエスト => 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 新着記事はこちら(10/15~11/5)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「専門領域だけに強みでは顧客価値のあるシステムを提供できない」危機感から
 分野別に分かれていたSEを束ねた組織で目指すもの――内田洋行 白方昭夫氏、
 河合剛史氏
〈インタビュー | SE統合組織の設立〉
 今年7月、内田洋行が分野別に分かれていたSEたちを1か所に集めた新組織を立ち
上げた。ねらいはSEが持つナレッジやスキルの共有だ。同社にはなぜその必要があ
ったか。また、ナレッジやスキルの共有はどのように行っているのか。同社の白方
昭夫氏(上席執行役員 システムズエンジニアリング事業部長 兼 SE企画管理部長
)、河合剛史氏(システムズエンジニアリング事業部 技術サポート&サービスビ
ジネス推進部 AP技術推進課長)に聞いた。


◆「デジタルHR」の威力・成果に誰もが驚いた! データに基づく採用と育成の最
 前線――セプテーニ・ホールディングス 人的資産研究所 所長 進藤竜也氏
〈「IT人材ラボ Day 2018 Summer」セッションレポート | #2〉
 人手不足が問題となる中、IT人材においても一人ひとりの資質や能力を正しく把
握し、最適な環境を提供する仕組みの構築が求められている。これから検討という
企業が多い中、株式会社セプテーニ・ホールディングスは人材データの収集と活用
にいち早く取り組んできた。その成果は「IT人材ラボ Day 2018 Summer」(開催:
8月27日、東京・大崎)の基調講演で紹介され、会場の聴講者を大いに驚かせ刺激
した。本稿では、同社 人的資産研究所 所長 進藤竜也氏によるこの基調講演「デ
ジタルHRノススメ」の模様をお伝えする。データドリブンの人材活用がどれほど強
力なソリューションとなり得るのかを感じていただきたい。


◆未経験者から一人前のエンジニアへと育てるためにこの距離感で伴走する――グ
 ルーヴ・ギア 川上直也氏、岡本聖那氏
〈インタビュー | ITエンジニアの育成〉
 グルーヴ・ギア株式会社は、未経験者ややり直したいITエンジニアにプログラミ
ング教育を行ったり、客先企業で開発業務に携わる機会を提供したりして、ITエン
ジニアとなるための支援事業を行っている。目標は「自走できるエンジニア」。
3つの段階を設定して育成しているという。本稿では、同社でGEEK JOB セカンド事
業の責任者を務める川上直也氏と、GEEK JOB キャンプ事業を統括する岡本聖那氏
に話をうかがった。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] ニュースヘッドライン(10/15~11/5)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・AIプログラミング学習サービス「Aidemy」にて、「日本語テキストのトピック抽
 出コース」と「深層学習の時系列分析コース」の提供を開始―アイデミー
 (11-01)


・理系学生の獲得に特化したコンサルンティングサービスの提供を開始―POL(11-
 01)


・中途採用支援システム「リクログ」と求人情報サイト「アスタミューゼ転職ナ
 ビ」を連携―HRソリューションズ(10-31)


・テクノスデータサイエンス・エンジニアリングとSTANDARDが業務提携、企業のデ
 ータ経営支援やAI人材育成を目指す(10-31)


・「RPAの導入と活用に関する調査」の結果発表、半数以上の企業はRPAを未導入―
 日本CHO協会(10-30)


・キャリコネが「人材サービス業界の年収ランキング」を発表―グローバルウェイ
 (10-30)


・プログラミングスキルチェックツール「track」内で利用可能なデータサイエン
 スに特化したプログラミングテスト問題を共同開発―ギブリーとアイデミー
 (10-26)


・最先端技術が学べるテクノロジーコミュニティ「tech boost」、AI・データサイ
 エンティストのエキスパートコースを開講(10-26)


・外国籍人材採用をさまざまな面からサポートする「SOS(Support One Stop)」
 サービスを提供開始―グローバルヒューマンリソース(10-25)


・2019年3月卒業予定の大学4年生を対象にした「10月1日時点の就職活動調査」、
 85.9%が就活を終了―ディスコ(10-25)


・社員の生産性や配置配属などに対する意識を見える化する「日立人財データ分析
 ソリューション」を発売―日立製作所(10-24)


・「外国人労働者の受入れに関する意識調査」外国人労働者の受け入れについては
 55%が「よいことだと思う」―日本労働組合総連合会(10-24)


・20卒生への就活調査、9割近くがインターンシップへの参加経験あり、過半数が
 大手企業狙い―ディスコ(10-24)


・LINE上で転職・求人情報を閲覧・応募できる「LINEキャリア」の提供を開始―
 LENSA(10-24)


・「Java最新動向-Java 11の新機能や技術トレンドを一気にキャッチアップ-」
 セミナーを11月16日に開催―PE-BANK(10-23)


・ディープラーニングをビジネス活用するための知識とは? 資格試験「G検定」の
 公式テキストが発売(10-22)


・「2019年卒・新卒採用に関する企業調査―内定動向調査」の結果を発表―ディス
 コ(10-18)


・時間外労働を可視化する「KING OF TIMEデータ分析」をリリース、36協定対応上
 限や特別条項残時間に対応―ヒューマンテクノロジーズ(10-18)


・「IoT検定ユーザー試験」を11月に開始、IoTサービス導入に必要なIoTリテラ
 シーなどを問う―IoT検定制度委員会(10-17)


・AIが世界中の人材と企業をマッチングする「Connect Job」、当面はIT人材や日
 本語を話せる人材を対象に―フォースバレー・コンシェルジュ(10-17)


・転職サービス「DODA」が「doda」へリブランディング、“はたらく”や転職のわ
 からないに応えるブランドへ―パーソルキャリア(10-17)


・元社員を通じた出戻り採用やリファラル採用を促進する「MyRefer Alumni」を
 10月22日より提供開始―MyRefer(10-16)


・「UiPathエンジニア育成プログラム」の提供を開始、UiPathプラットフォームを
 扱う人材を育成―パソナテック(10-16)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 人気記事ランキング(10/20~11/2)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●1位 「専門領域だけに強みでは顧客価値のあるシステムを提供できない」危機感
 から分野別に分かれていたSEを束ねた組織で目指すもの――内田洋行 白方昭夫
 氏、河合剛史氏


●2位 ディープラーニングの基本的な知識を測る「G検定」とは? 注目集める試験
 の実施背景と概要を紹介


●3位 「デジタルHR」の威力・成果に誰もが驚いた! データに基づく採用と育成
 の最前線――セプテーニ・ホールディングス 人的資産研究所 所長 進藤竜也氏


●4位 未経験者から一人前のエンジニアへと育てるためにこの距離感で伴走する―
 ―グルーヴ・ギア 川上直也氏、岡本聖那氏


●5位 現場に必要なエンジニアを逃さず採用できるプログラミングスキルチェック
 入社後にも高い効果――ギブリー 山根淳平氏、オロ 黒河俊樹氏


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
配信停止はこちらのページにてお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/itl

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/itl/
 へご連絡ください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 IT人材ラボ編集部
(c)2015 SHOEISHA. All rights reserved.

All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0